1. ホーム
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. 様々な経験をして自分を見極め、自分の足で立つ人に。

お知らせ

様々な経験をして自分を見極め、自分の足で立つ人に。

2014年04月01日 お知らせ

松商学園の116年を数える歴史の中、多くの卒業生が、政界・財界・スポーツ界・芸能界・各企業など、県内外の様々な分野で優秀な人材として活躍してきました。今、現役で活躍されている先輩方のお話には、松商学園から未来を見据えるヒントがあります。

松本市副市長
(昭和33年度商業科卒)
坪田 明男さん

商業科の出身です。部活動はテニス部に1年、演劇部に2年在籍しました。演劇部では舞台に立ったこともありましたが、演出や裏方の仕事が好きでした。松商学園での一番の思い出は、第40回全国高等学校野球選手権大会へ4年ぶりに出場した野球部の応援で、応援委員会委員長として西宮球場で大応援団を指揮リードしたことです。卒業後は食品化学(農業化学)の勉強をしたいと思い、明治大学農学部へ進みました、しかし長男ということもあり、次第に地元へ戻ろうという思いが強くなり、地方自治への関心もあったことから松本市役所に就職、それから秘書、商工労働行政、財政、社会福祉などに従事してきました。なかでも「サイトウキネン・フェスティバル」の音楽祭の初回立ち上げに携わったときは、松商学園のネットワークに大きな力をもらいました。現在は市長の補佐役の「副市長」という立場で、市長の政策決定を支え、部局間の調整、予算の査定などをしています。松商学園の建学の精神は「自主独立」ですが、自分の目標に向って努力し、自立を学ぶ場所です。それは他校にはないこと、多様な選択肢がある松商にぜひいらっしゃいといいたいですね。
『先輩・卒業生・先生からのメッセージ』のページへ

このページ先頭へ

  • 資料請求
  • 体験入学・学校説明会
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 松本大学同窓会
  • 松商学園高等学校 校友会
  • 松本大学 / 松商短期大学部
  • 松本秀峰中等教育学校
  • 一般社団法人 松商サポート

〒390-8515 長野県松本市県3-6-1
【TEL】0263-33-1210 【FAX】0263-33-1213 【夜間専用】0263-33-1212
Copyright(c) Matsusho gakuen high school 2012